大型路線バス

今回は大型路線バスのクラッチオーバーホールとエアーサスペンションのベローズ交換。

なのだが、クラッチの残量は十分にある。   

特に焼けた跡もない。

珍しいケースかもしれないが、ディスクの表面は硬化している部分と若干の繊維綿になっている部分がチラホラ。

レリーズへのグリースUPも多く飛散が多少あるが。

念のため、シャフト、ベアリング、カバー、ディスクと交換しドッキング。

試運転の結果は問題なし。  大丈夫そうだ!!

続いてエアーサスのベローズ交換

今やあらゆる作業をこなしている阿部くんが担当

いろいろなことを器用にこなしてくれるから頼もしい。

ピストンへの組み込みもバッチリ。  ジャッキUPで排気指示となっているたるこれからベローズへ初期エアーをいれてやればOKだ。

また元気に働くため早々と市場へお戻りになりました。    

お疲れ様。