労基協定

今年も、労働協定の更新にいってきた。

労働環境もそうだが、いろいろと考えることは多い。 1つ決めるにも長い月日を考え抜いて決めることが多い。  熟慮断行っていう

のかな。 だからこそあえて「やらない」「こうする」「もどす」ということも多々あるのだが、その時の表明上だけをみるとしっかり

した理由はあっても軽視されやすい気がする。 その理由の表現も難しいから困ったもんだが、「まずはだまっていうことを聞け」なん


て昔上司に言たわれたことが、なんとなくだがわかる気がする。

あてはまるのか知らないが問題になっている「貴花田親方の引退理由」もそんなところではないだろうか。。 


いずれにしても、精進できないような人にはなりたくないし、そんなに歳でもないが形を成すには以外にも時間がないのでもっと整理しないといけないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です