外環自動車道

6月2日、無事千葉へと開通した外環自動車道。

先日も書いたが、素晴らしい速さ。 主に松戸方面から千葉へ行くには原木インターまでの道のりが長かったのだが、今回松戸インターができたおかげで、かなりの短縮となった。 

先日深夜の走行では、自宅 ~ 松戸インター ~ 原木インターまでなんと12分で到着した。

幕張までは25分。 曽我までは40分。 冨浦まで70分と素晴らしい速さだった。

同時に、298号線も伸び、千葉新港まで下道で1時間を切った。 これはからかなり重宝しそうだ。  そしてなんと、市川の広小路や、インター付近の交差点の激込ポイントの混雑がなくなり大分スムーズに。 そのかわり国道6号の松戸インター付近を先頭に激込み。


実はこの外環工事においては、当社にて開始より約8年間ほど、その工事車両のメンテナンスに携わらせてもらっていた。

道なき土地から完成にいたるまでの状態を見てきたわけだが、そのためか完成の道を走行していると何か気持ちが溢れそうになる。


それにしても工事の規模の大きさと、その技術には驚くばかりで、これを人間がつくってしまうのだからあらためてすごいと思う。

この完成に、微力ではあるが、終始戦力を注傾できたことを嬉しく思うし、誇りにも思う。

まだまだ側道の整備、工事は続きます。 引き続き頑張るぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です